ディスクブレーキとは


ディスクブレーキとは、車の制動装置の一種です。メッシュのタイヤホイールを使っている車だと、ホイールの中に円盤状のものが見える場合があります。ここをブレーキパッドを押し付けて車のスピードを落とすという仕組みになっています。

動作する順番としては、まずブレーキペダルを踏みます。踏んだ力が、ブレーキオイルを伝わってキャリパーと呼ばれる部分に伝わり、ブレーキパッドをディスクに押し付け、ブレーキがかかって車のスピードが落ちる、という順番になります。パッドを押し付けられるディスクは、非常に高温になりますが、ディスクのほぼ4分の3がそのままむき出しになっていますので、高温になってもそのままその温度が大気中に発散され、ブレーキの効きを維持することが可能となっています。

スピードが比較的出しやすいスポーツタイプの車には4輪とも使われていることが多いのですが、車によっては、より強い制動力を必要とする前輪にのみ使われている場合もあります。前輪のみのほうがもちろんコストを下げることができるので、車の価格を低く抑えているタイプの車では、このような使われ方がされる場合があります。ちなみにモータースポーツで使われている車はほぼすべて4輪ともに採用されています。

コメントは受け付けていません。