フットブレーキとは


車を安全に運転するために、「ブレーキ」はドライバーにとって知っておかなければいけないことのひとつだと言えるでしょう。正式には「制動装置」と呼ばれるこのブレーキですが、車には様々なブレーキが存在します。サイドブレーキとも呼ばれ、駐車や停車する際に車が動かないようにするために使われる「パーキングブレーキ」。装置そのものが付いているわけではありませんが、エンジンの回転抵抗を利用した減速手段の「エンジンブレーキ」などです。

その中でも、一番使用する頻度が高く、馴染みが深いものは「フットブレーキ」ではないでしょうか。このブレーキは、足でペダルを踏むことによって使用し、車を減速させたり停車させたりすることができます。油圧を利用しているため、女性や非力な人でも重量のある車を簡単に止めることができるのがその特徴ではないでしょうか。

ブレーキペダルを踏むと前後の車輪に装着されたブレーキが作動し、タイヤの回転を止める仕組みですが、最近ではABS(アンチロックブレーキシステム)が搭載された車が増えており、急ブレーキなどの緊急時でも安心して停車できるようになっています。ブレーキは、ドライバーだけではなく、周囲の安全を守るためにも大事な装置です。正しい知識を持って、運転するように心がけましょう。

コメントは受け付けていません。