車のタイヤに関する知識


安物の靴を履くと、履き心地が悪いので足が痛くなったり、耐久性がないのですぐに破れたりするものです。そして、歩くことさえままならなくなります。これを車に置き換えてみると靴はタイヤにあたります。安物を履いていると、走る、曲がる、止まるの基本的な性能が落ちるので危険です。また耐久性もないので減りが早く、すぐにまた買い替えなければならなくなります。

逆に、多少値段が高くても、良いタイヤを選ぶと、運転のしやすさにまず驚くことでしょう。特に冬のスタッドレスでは、滑り具合に大きな差が生じます。また経年劣化でも差があり、良いスタッドレスは数年たっても新品とほとんど変わらない性能を維持しますが、安いスタッドレスだと3年で効きが半減してしまうものもあります。これは安全性に直結する問題ですから無視するわけにはいきません。

また、最近は転がり抵抗の少ないエコを重視したタイプが人気です。ガソリン代が大変高くなっているので、エコタイプを装着することで、少しでも燃費を抑えることができるならうれしいですよね。さらに高級タイプになると、エコだけでなく静粛性も高いとか、レイン性能が高いなど、様々な付加価値がプラスされます。新しく購入する人は、それぞれの特徴をよく理解した上で選ぶことが大切ですね。”

コメントは受け付けていません。