テンパータイヤ


テンパータイヤは、テンポラリータイヤとも呼ばれ、タイヤがパンクした時に走行ができなくなった場合に使う、緊急用のタイヤの事です。外観は、ホイールにタイヤが装着されている状態で、装着してあるタイヤよりも細く、設置面積が小さいのが特徴で、空気圧が高く設定されています。
収納場所はトランクなどにあり、タイヤを細くする事で収納スペースを確保し、軽量化できるというメリットがあります。

使用方法は、ジャッキアップしてパンクした箇所と交換するだけなのですが、FF車でフロントタイヤがパンクした場合は、駆動輪であるフロントへの取り付けは避け、リアタイヤをフロントに装着し、緊急用のタイヤはリアに取り付けます。また、FRと4WDはリミテッド・スリップ・デファレンシャルなどのメカニズムによって、差動装置の異常によってトラブルが発生する事があり、車種によって緊急用のタイヤの取り付け位置が異なりますので、取り扱い説明書を確認して作業します。

緊急用のタイヤでの走行は、パンク修理をする場所までの走行と考え、高速走行は避け、100km程度の距離を目安にします。空気圧は放置しておくと減る傾向にあるので、定期的に空気圧のチェックをする必要があります。

コメントは受け付けていません。